SAT119 瞬間消火ボトルで投げて消火

投げ消すサット119・天ぷら火災専用消火パック(2個付き)

bon1.jpg

[開発経緯]
 平成16年における火災出火件数は60,387件でした、住宅火災による死者は建物火災の約9割。
65歳以上の高齢者が過半数を占めています。
火災が発生した場合に最も被害が少なく、確実に消火するポイントは「炎の勢いが小さい内に消火する」という事です。

これを「初期消火」といいます。

しかし、

「パニック状態になってしまい操作を間違えた」
「重すぎて火元まで運べない」
「炎の熱で近づけず、満足な初期消火ができない」など、

これまでの噴射型消火器は操作が複雑で、重量も非常に重く、特に高齢者や子供・身障者等「災害弱者」には扱いづらい物でした。

そのため以下の条件をみたすように「投げ消すSAT(サット)119」は誕生しました。

  ・ 「災害弱者」にも扱える大きさ、重さで、複雑な操作や訓練が不要である事
  ・ 消火能力に優れている事(避難路の確保に効果的な性能を有している事)
  ・ 人体・環境にも無害である事、また使用後の後始末に不都合がない事
  ・ 設置した時、使用者に家具・調度との違和感を感じさせない外観である事

投げ消すサット119・天ぷら火災専用消火パック(2個付き)F【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】

お年寄りからお子様まで、サッと簡単初期消火!

簡単・投げるだけ!
後始末も簡単!
人体に無害!

普通火災(木・紙等)対応

★火災の状況により二種類の使い方が出来ます。

投てき消火
火元に消化剤入り樹脂アンプルを投げつける消化方法です。
(消化範囲は限定されますが、瞬間的に高い消化能力を発揮します。)

水割り消化
バケツ1杯の水に投げ消すSAT119を1本混ぜ、柄均等でふりかける消化方法です。
水割り消化は、屋外や広範囲火災に有効な手段です。
(※水に混ざった状態では保存できません。)


→全文を読む