雄蛇ヶ湖について

雄蛇ヶ湖ガイド,雄蛇ヶ湖,ブラックバス
雄蛇ヶ湖の正式の読み方は「おんじゃがいけ、Onjyaga‐ike」である。

 

所在地は、千葉県東金市田中地先で、用途の分類は、ため池(灌漑用・防火用水)である。

 

別称はいろいろある。
雄蛇が池、男蛇ガ池、雄蛇湖、房総の十和田湖などである。

 

堤体形式は前刃金、余水吐は側溝越流式。
堤高6.20m、
堤頂長287.00m、
堤頂幅3.40m。

 

満水時の湛水面積は、21.70 ha、
満水時の最大水深は、4.61 m、
流域面積は、7.46 平方キロである。
有効貯水量656,000m3、
満水時湖面標高は17.12m、

 

管理は、東金土地改良事務所(千葉県農林部耕地第2課)である。
雄蛇ヶ湖ガイド,雄蛇ヶ湖,ブラックバス

 

池への流入は雨水と地下水である。
流末は北幸谷川を経て、真亀川(流路延長9.5km,流域面積70.8km2)に入り太平洋に注ぐ。

 

湖岸線は岬・入り江等の出入りが多く、新緑・桜・紅葉が楽しめる。

 

池の周囲は4kmほどで、全周に遊歩道が整備され、東屋も3ケ所にある。

 

湖畔には島田伊伯が水神として祭祀され、農民歌人小幡重雄(1903−1972)の歌碑「十五時間田打ちを励み帰る娘の笠をはづして肩のやさしさ」が建つ。

 

田打ちとは、田植え以前に耕作しやすいよう田の土を打ち返すことである。

 

完成年月は、1614 (慶長19)年である。

 

ちなみに、雄蛇ヶ湖でのブラックバスの生息確認は1971 (昭和46)年とされている。

 

2006年2月頃、雄蛇ヶ池にソウギョが放流され、生息し、釣果も多い。

 

ほぼ全域が水深1.5m程度のフラットシャローだが、深場もある。リバーチャンネルはない。

 

ボトムは泥または土、砂。水色はややマッディーだ。

 

雄蛇ガ湖にはブラックバスの他に、ブルーギル・ソウギョ(草魚)・鯉・雷魚・ヘラブナ・ザリガニ・オオマリコケムシ・カワセミ等も生息している。

 

雄蛇ヶ湖ガイド,雄蛇ヶ湖,ブラックバス